楽しく幸せな妊娠時代

本当に楽しくて幸せだった妊婦時代

妊娠中は本当に色々ありました。

 

つわりがあったり、腰痛がひどかったり、何を食べても体重が一気に
増えるので体重管理に気をつけたりと10か月間大変でしたが、
同時にとても幸せな時間でした。

 

無事産まれるまで不安と隣り合わせだったのですが、
やっぱりお腹の中で赤ちゃんが育っているというのは、
表現しようがないくらいの気持ちでした。

 

朝起きたらお腹の赤ちゃんに「おはよう」と心の中で挨拶を
するところから始まり、お昼のランチを少し奮発しておいしいものを
食べているときに、「おいしいね」と心の中で話しかけたり^^

 

子どもと一心同体というのは誰かが常にそばにいてくれるような
感じでとても安心できましたし、だんだん自分が強くなっているのも
感じることができました。

 

特に幸せだったのが、胎動です。

 

最初はお腹の中で泡がぷくぷくはじけるような感じで、
胎動か分からなかったのですが、どんどん激しくなって自分のなかで
赤ちゃんが元気に動いているのは本当に嬉しかったですし、
とにかく早くこの子に会いたいと思っていました。

 

子どもの名前を考えているときや、初めて子どもの服を買った時などは
今でも忘れられないくらい幸せでした。

 

人生で妊娠できる期間は限られています。
10か月は長いように感じますが、本当にあっという間でした。