妊娠するための薬

妊娠にはこの2つの薬が効果を期待できる!?

妊娠にはこの2つの薬が効果を期待できる!?

 

私がオススメする薬はクロミッドとデュファストンという薬です。

 

実は結婚して1年半経った頃にホルモンバランスを崩し、
出血がずっと止まりませんでした。

 

最初はピルで出血を止めようとしましたが、止まらず、副作用もひどかったので、
再診しました。

 

結果的には漢方とビタミンEの薬を飲んで、ホルモンバランスを整えてから、
そのまま不妊治療に入りました。

 

私の場合は高温期がなかなか続かないことが問題点でした。

 

高温期が続かないということは赤ちゃんが出来にくい状態ということです。

 

これは毎朝、体温計で体温を測っていたからわかったことです。

 

それから、産婦人科で排卵誘発剤であるクロミッドと
高温期を維持するデュファストンを処方されました。

 

クロミッドは生理が始まった頃に5日間飲みました。

 

排卵しそうか、どうかの検査を生理が始まった日から2週間数えたぐらいが
排卵日になるので、その頃に病院に行きます。

 

クロミッドを飲むことによって、成熟した卵子が作られます。

 

中には卵子が成熟しないまま排卵することもあります。

 

そういう時は関係を持っても妊娠しにくいです。

 

先生からもそう言われました。

 

成熟した卵子が見受けられた時に先生から「今日、明日で関係を持ってください」と、
ストレートに言われます。

 

関係を持った後も体温を測り続けてください。

 

デュファストンの飲むタイミングは体温が上がり始めた時に飲み始めてください。

 

私は毎食後に飲みました。

 

その結果、今では妊娠できています。

 

もちろん、食生活も大事ですし、何よりもお風呂を毎日入ることは女性に
とって大事です。

 

お尻を温めることによって、妊娠しやすくなる身体作りでもあります。

 

以上が妊娠したい人が飲む薬でしたが、副作用が気になる・・・、
という方は養命酒で妊娠する?をご覧くださいね。

 

コチラでもいろいろ紹介しています^^